大野和士 指揮
バルセロナ交響楽団 名古屋公演

大野和士 指揮 バルセロナ交響楽団 名古屋公演

世界が待望するマエストロ大野和士。手兵バルセロナ響を率いて凱旋!

 

これまでモネ劇場、リヨン国立歌劇場と重要なポストを歴任し、ミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場、ボストン響などにも客演するなど

世界中をまたに駆け巡る大野和士。

2017年にはフランス芸術文化勲章が授与され、2018年9月には新国立劇場の芸術監督にも就任しました。

その大野和士が2015年から音楽監督を務め、意欲的なプログラムでヨーロッパで大きな注目を集めているのがバルセロナ交響楽団です。

カザルスやピカソ、ダリなど、芸術の香り高いバルセロナ。

大野和士のバルセロナ交響楽団就任コンサートはサグラダファミリアの中で行われました。

バルセロナ響の来日は、実に24年ぶり!

本公演では、デビュー20周年を迎える津軽三味線の吉田兄弟と共演します。

どうぞお聴き逃しなく!!

 

【日 時】2019年7月17日(水) 18:45開演 

【会 場】愛知県芸術劇場コンサートホール

 

【出 演】

指揮:大野和士

ソリスト:吉田兄弟(津軽三味線)

管弦楽:バルセロナ交響楽団

 

【プログラム】

ワーグナー:歌劇「ローエングリン」 第1幕への前奏曲

ファビア・サントコフスキー:2つの三味線のための協奏曲

ファリャ:バレエ音楽「三角帽子」

 

【料 金】全席指定(税込)

S¥15,000 A¥12,000 B¥10,000 C¥8,000 D¥6,000

 

※未就学児入場不可。

※やむを得ぬ事情により、出演者・曲目等変更になる場合がございます。

  あらかじめご了承ください。

閉じる